海外SIMカードを使うための基礎知識

海外SIMカードを使うための基礎知識

現在、海外で使用するためのSIMカードは、当該国だけではなく、日本にいながらにして購入可能です。
販売形態はいろいろありますが、インターネット経由で専門業者が販売している物が安心でしょう。
SIMカードのみの単体売り、またお得なパッケージが付属していたり、通話に特化していたり、
様々なカードが販売されていますので、ご自身の目的に合った物を選ぶようにするといいでしょう。
 
また、当然ですが、現地で購入することも可能です。
国や目的によっては、日本国内よりも現地で購入する方が面倒な場合もありますので、事前に情報をチェックしておきましょう。
 

海外SIMカードを購入する

 
海外でスマートフォンを利用、またデータ通信を行うためには大まかに2通りの方法があります。
 
1つめは現在、国内でご利用のスマートフォンを、キャリアの国際ローミングで利用する方法です。
この場合、ローミング契約やデータ定額などのサービスがありますので、事前にキャリアの情報をチェック。必要であれば契約を結んでから海外に出発します。
 
国際ローミングを利用するメリットは、国内で利用している端末がそのまま使えること。
ほぼ、日本国内にいるかのように通話、そしてインターネットの利用が可能です。デメリットとしては利用料金が高額になることが挙げられます。
 
2つめは、旅先の国専用のSIMカードを利用する方法です。この場合、国際ローミングを利用する場合と比較して、通話料や通信料が非常に安くなります。
料金面では非常に大きなメリットがあります。ただし、SIMロックがかかっていない、SIMフリーの端末が必要です。
通常、国内でお使いの端末がSIMフリーの端末であれば、SIMカードを入れ替えることにより、旅先でも使用可能です。
 
海外用のSIMカードは日本国内にある専門店、もしくは当該国にて入手が可能です。
 
日本国内にある専門店で購入する場合、実は大きなメリットがあります。
日本国内でSIMを購入すれば、出発前に旅先での電話番号を知ることができます。
家族や友人、会社の同僚に事前に連絡先を伝えておくことができるので、国内で購入する大きなメリットでしょう。
 
もう一つのメリットは、空港に降りたってすぐに電話を使用することができるということでしょう。
SIMをSIMフリー端末(これがなければ始まりません)にセットして電源オン。
アクティベーションが完了すれば、端末はすぐに電波をつかんでくれます。海外の空港でSIMカードを手に入れる場合、長い列に並ぶことも珍しくありません。
この混雑を避けられることも含めて、国内であらかじめSIMカードを購入しておくことは大きなアドバンテージになります。
 
旅先でSIMカードを手に入れる場合は、もちろんそれなりのメリットがあります。
空港では、通常、ツーリストSIMやデータ通信用などのパッケージを販売しています。
国内で購入する場合もパッケージSIMはありますが、本国で販売されているパッケージのすべてが用意されているわけではありません。
 
旅先の空港で購入する場合は、事前に現地キャリアの情報を調べておくことをおすすめします。
当該国内に事業者が複数ある場合、つながりにくい業者を選んでしまうことにもなりかねません。
キャリアによりつながりに善し悪しが出るのは、何も日本に限ったことではありません。



 
中国・スマホ購入

oppo(オッポ)スマホ購入・日本

vivoスマホ購入・日本

日本でも使えるガラケー

Simを日本で購入

meizu スマホ

cat スマホ

海外 honor 購入

xiaomi(スマホ・タブレット)